図面表記のないスペック

1番感じるのが「バリ処理」です。

よくある表記は「有害なバリ・カエリ等がないこと」

冗談で「顔に当てて切れなければ・・・」などと言いますが

お客様に「お前の顔は面の皮が厚いのでNG!」「母ちゃんの手ではなく・お嬢様の手が切れなく位にしてください!」と

非常にあいまいな。。。的を得ているような。。。

難しい判断をすることが多い

意匠性のあるものは角が落ちているとNG

部品によっては「糸面取り」など

まずはサンプルをお互いに確認して限界見本とすることが1番良いと思います。